【集中力】音楽は勉強などの作業に影響を及ぼすのか。

ブログ

長年の疑問である、勉強中に音楽を聴くのはいいことなのか、むしろ効率を悪くするのか。

塾によっては自習室での音楽を聴くことを禁止しているところもある。よく言われているのが、暗記系の分野の時は聴かないほうがいい。計算などは演習の量が大事だから計算の時は聴いてもいい。

人によっては音楽がなければ長時間の勉強や作業は厳しいという人もいるだろう。私も受験の時は1日15時間とか勉強している日もあったので、集中力を保つためにも音楽は必須でした。

実際はどうなのだろうか。音楽を聴くことにより作業効率は悪くなるのか、それとも良くなるのか。今回は様々な論文をもとに自分なりにまとめてみました。

音楽を聴くことは作業に影響しない?!

多くの研究で音楽と作業効率との関連性は見られませんでした。

例えば、日本の成城大学の研究では音楽のテンポによって作業効率に影響するかを調べていた。

テンポの単位はBMPで表し、BGMなし、BMP140、BMP180というテンポで実験を行った。BMPの数値が高いほうがテンポが速いということです。

実験内容は4桁の数字を2桁の数字で割るだけという単純な計算を90問用意し、制限時間は15分とした。

BGMなし、BMP140、BMP180の3パターンで実験を行い、疲労などによる集中力の低下などを見越して、別日に行ったりした。

その結果、BGMの有無や、テンポの違いによる作業効率の向上は見られなかったとしている。

他にも多くの論文で影響は見られないという結果が出ている。

被験者の多くにはそもそも集中をすると音楽をあまり聴いていないという人もいた。私もかなりこの意見には納得できた。勉強に集中していると自分が何の音楽を聴いていたのか忘れたということが多くみられる。

私はこのような意見からも、音楽による影響はないのではないかと考えている。

影響があるとすれば、勉強よりも音楽に夢中になっている場合だと思う。音楽を聴く方に夢中になって勉強がはかどらないパターンはあると思うが、音楽がうるさくて勉強したくてもできないというパターンは少ないのではないか。

また研究によって全くの無音の空間にいると、緊張感を感じてしまい逆に作業効率を悪くするという事実もある。

実際、試験会場などでも他人の音は無意識に入ってきてしまうものだ。慣れという観点から見ても、適度な雑音は効果的だと考えられる。

影響はしないが、音楽を聴くことによる本人のモチベーションの向上によって作業効率が良くなる可能性も十分に考えることができる。

しかし、これらは慣れや好みなど根拠が薄いため、直接作業効率に関係するかといわれれば微妙なのではないかと思った。

本当は音楽によって影響を受ける?!

音楽を聴くことにより作業効率が良くなるという論文もあれば、悪くなるという論文も見られた。

右脳で視覚情報や、音楽などの情報を管理していて、左脳で言語や計算などを行う論理的思考を管理している。

音楽を聴くことにより、歌詞などは言語として処理されるため、計算などに使われる左脳により多くの情報を与えてしまうので、作業効率が低下してしまうというのもある。

よって、波の音など歌詞のない音楽を聴いたほうが、脳の観点から見ても悪影響を及ぼす可能性は少ないということが分かった。

反対意見として、音楽を聴くことによる脳の活性化。それにより処理機能の向上など、まるで真逆の事を述べている論文も見られた。

そのほかにも、ホワイトノイズによる集中力のアップなども見られた。

ホワイトノイズとは人間の耳に聞こえるすべての可聴域の周波数が均等だという音です。これを聴くことにより、睡眠や集中力の面で大きな効果があるとされている。

つまり、様々な論文でメリット、デメリットが証明されていた。

結論

音楽を聴くことによる、作業効率への影響は見られないという結論を出した。

理由として、論文自体人の状況や慣れなど結果を保証できないような要因が様々あったというのを考えた。

様々な論文で脳科学的にメリットやデメリットを及ぼすとあったが、それほど実際には影響を及ぼさないという結果も多くみられた。

私は音楽を聴くことによるモチベーション面への効果が一番大きいと考えました。医学的な観点からは根拠のある結果は見られなかったので、心理面による影響が大きいのではないか。

結論としては、音楽は作業効率に影響を及ぼさない。しかし、音楽を聴くことによるモチベーションの向上で作業効率が増すということは考えられる。

 

参考 https://studygeek.jp/brain_science-2/
https://www.jcss.gr.jp/meetings/jcss2010/pdf/JCSS2010_P3-47.pdf
https://guitar-song-day.net/archives/1146

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました